幕見で文楽

午後、少しだけ時間が空いたので、幕見で文楽に行ってきました。

20180802153203_p

ほぼ120年ぶりに復活上演された『大塔宮曦鎧』、「身替り音頭の段」は山村友五郎ご宗家の振付なので、ぜひ拝見したいと思っていました。

幕見は、時間がとれないときや、ひとつの演目だけ観たいときなどに、便利な制度です。
映画とあまり変わらないくらいの料金なので、同じ演目を何度も観たい場合にも利用しています。

終演後は楽屋へご挨拶に伺い、それから急いで移動して、福島「ミチノ・ル・トゥールビヨン」でいつもの愉快な皆さまと会食。
嬉しいご縁もあり、ずいぶん暑かったですが、充実した日になりました。

コメントを残す

出演情報

2018.09.23 2018.11.07 チケット販売中

女流義太夫と上方舞

gidayu_kamigata
syukyoutoninngengaku
一覧をみる →

お知らせ

2018.06.18

東京・人形町のスタジオアレコレさんにて、グループ稽古「はじめての地唄舞」がスタートいたします。

2018.04.24

個人稽古が東京・神楽坂と大阪・九条、グループ稽古が東京・二子玉川と豊中・曽根にて開講中です。

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。