時代劇

大河ドラマなどの時代劇を観ると、役者さんの着物での所作が、どうしても気になってしまいます。

重心の低い、いわゆる「腰が入る」という立ち居振る舞いができる方と、洋服での動きと同じ方と…。

昔の映画や、テレビ時代劇の再放送では、俳優さんの見事な殺陣や、女優さんの袂扱いに裾さばき、惚れ惚れしてしまいます。

お芝居をされる方は本当に勘がいいので、お忙しくても少し日本舞踊をお稽古されておくと、ずいぶん姿勢や所作が違うだろうになぁ、と残念に思いながら観ています。

コメントを残す

出演情報

2018.10.19 2018.12.08 チケット販売中

第6回 静月会

20181027_朝日楼
2018.09.23 2018.11.07 イベント終了

女流義太夫と上方舞

gidayu_kamigata
一覧をみる →

お知らせ

2018.06.18

東京・人形町のスタジオアレコレさんにて、グループ稽古「はじめての地唄舞」がスタートいたします。

2018.04.24

個人稽古が東京・神楽坂と大阪・九条、グループ稽古が東京・二子玉川と豊中・曽根にて開講中です。

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。