カテゴリー 「舞台」 に投稿されたブログ記事一覧

「山村若佐紀 上方舞 夏の会」

20180811162852_p

おかげさまで、無事終演いたしました。
たくさんのご来場、まことにありがとうございました!

お弟子さんとの集合写真。

東京ゆかた会

今年で第5回めになる東京での「ゆかた会」を、神楽坂の志満金さんで開催させていただきました。

二子玉川のグループ稽古の皆さま、大阪稽古場の方、初舞台の方を含む、全18名。
こちらは開場前。

20180805120331_p

そして、終演後。

20180805152708_p

会場いっぱいのお客さまがお越しくださり、今年もおかげさまで無事に舞いおさめることができました。

また来年に向けて、一同精進いたします。
ありがとうございました!

おまけ。
髪結いの先生に出張していただいて、お支度中。

20180805095334_p

「怪談 其二 」

7月7日、人形町の老舗料亭・よし梅さんにて開催の「怪談 其二~嘆きと怨み、怖い噺と狂い舞」にお越しくださった皆さま、ありがとうございました!

暑い時期に何か涼しくなるような曲を、ということで『鉄輪』を舞わせていただきました。
『鉄輪』は、夫に捨てられた女性が、夫と新しい妻を呪い殺すために貴船神社で丑の刻まいりをするのが主題になっています。
後妻の髪を引きずって打ち据えたり、藁人形に五寸釘を打ちつけたりというような、凄惨な振りがついています。

終演後は、おかげさまで「ぞっとした」「なんだか哀しい気がした」「共感した(!)」などのご感想をいただき、嬉しく思いました。

地唄舞をご覧いただいた後は、神田山緑先生の、怖ーい講談。
大人気の山緑先生、お客さま大喜びのご様子でした。

名プロデューサーのよし梅の若女将さま、唄と三味線をいつも安心してお願いしている村澤丈児先生、素敵な写真を撮ってくださる福原毅さん、スタッフの皆さま、そしてお手伝いの若静雪さん。
今回も大変お世話になり、ありがとうございました。
早くから満席になり、ご好評いただいたとのこと、また来年もご企画くださるそうで、今から私自身もとても楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします。

20180707132018_p

今回は自分で白塗りのお化粧もいたしました。
こちらももっと上手にならねば!

10月25日「第5回 静月会」

seigetukai2016-o011
















毎年恒例の「静月会」、今年も近づいてまいりました。
上方舞と、上質な和の文化を気軽にお楽しみいただけたらと、2012年から開催している会になります。

今年は、女流義太夫の竹本越孝さんと、鶴澤寛也さんをゲストにお迎えして、たっぷり素浄瑠璃をお聴きいただきます。

また今回は、複数の古典芸能に登場する「藤原淡海(求女)」をテーマにしました。
上方舞が『鐘ヶ岬』と『珠取海女』、浄瑠璃が『妹背山婦女庭訓 杉酒屋の段』。
それぞれの演目に淡海公がどうかかわるのかも、併せてお楽しみいただけましたらと思います。

seigetukai2016-u010
















会場は東京・日本橋「コレド室町3」3階、橋楽亭。
詳しくはこちらをご参照くださいませ↓
カンフェティ・チケットセンター

6~8月の出演予定

現在決まっている、若静紀の出演予定です。
どうぞよろしくお願いいたします!

6月
28日(火)19時~OBPアカデミア「第3回 上方芸能から学ぶ はんなり美人塾」ゲスト旭堂南青氏(講談師)

7月
16日(土)13時~志満金「東京稽古場ゆかた会」
20日(水)19時~「山村若静紀が聞く~おうぎの会vol.8」ゲスト平尾剛氏(元ラグビー日本代表)
26日(火)19時~OBPアカデミア「第4回 上方芸能から学ぶ はんなり美人塾」河内音頭の踊り方編

8月
19日(金)19時~OBPアカデミア「第5回 上方芸能から学ぶ はんなり美人塾」日本舞踊編
27日(土)11時~国立文楽劇場小ホール「山村若佐紀 上方舞 夏の会」『八島』
28日(日)11時~国立文楽劇場「浪花の会」『雪』

お知らせ

2018.06.18

東京・人形町のスタジオアレコレさんにて、グループ稽古「はじめての地唄舞」がスタートいたします。

2018.04.24

個人稽古が東京・神楽坂と大阪・九条、グループ稽古が東京・二子玉川と豊中・曽根にて開講中です。

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。