カテゴリー 「日記」 に投稿されたブログ記事一覧

あけましておめでとうございます

img_20170101_135315

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

おせちは、いつも「天満橋 滴」さんのもの。
とても丁寧な仕事をされていて、しみじみ美味しいので毎年お願いしています。

お雑煮は、白味噌、丸餅、金時人参、大根、頭芋、花かつお。
いつも元旦は京風で、夫が関東出身なので2日は鶏肉などが入ったおすまし仕立てです。

お弟子さんが金箔が散る割り箸をくださったので、写真では見えにくいですが、お雑煮がおめでたい感じになりました。

2016年、ありがとうございました!

今年もたくさんのご縁をいただき、また多くの皆さまにお世話になりました。

新しいことを始めたというよりは、蒔いていた種が芽吹き出し、せっせと水をやっているような1年でした。

創元社さんで開催の「山村若静紀が聞く~おうぎの会」は2年めに入り、西川梅十三師匠、道野正シェフ、名越康文先生、平尾剛さん、植島啓司先生、高島幸次先生と、豪華で多彩なゲストの方々にお越しいただきました。
ラジオの人気番組「8時だヨ!神さま仏さま」にお招きいただいたり、相愛大学の講義で舞わせていただいたり。
OBPアカデミアさんでは、半年にわたって上方芸能の講座を受け持ちました。
5回めになる「静月会」は、女義太夫の竹本越孝師匠と鶴澤寛也師匠にご出演いただき、舞地は村澤丈児先生。おかげさまで満席になりました。
また「山村若佐紀 上方舞夏の会」では『八島』、翌日の「浪花の会」では『雪』を勉強させていただきました。

舞台以外では、昨年の東京稽古場に続き、大阪の稽古場も玉造から北浜に移転しました。
そして門人からは、6人めの名取になる、山村若静衿が誕生しました。

ただ前を向いて、走り続けた年になりました。
また来年もますます励みます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

皆々さま、よいお年をお迎えくださいませ!
今年も本当にありがとうございました。

img_20161231_191840

『MetroWalker 2016年冬号』

index_img_01

本日発行のフリーペーパー『MetroWalker 2016年冬号』9pにて、東京稽古場をご紹介いただきました!

特集も読み応えたっぷり。
上方文化のページでは、いつも扇を購入している「京扇堂」さん、ご宗家や師匠へのお遣いものにする「すし萬」さん、お茶を愛飲している「一保堂」さんなど、お馴染みのお店とご一緒に掲載していただいたのも嬉しいです。

ご案内いただきました通り、東京・大阪の稽古場では「体験レッスン(初回のみ、500円税込)」を受け付けております。
立ったり座ったり、お辞儀をしたり、実際にご体験いただけます。
ぜひお気軽にお申し込みくださいませ。

新年

IMG_20160104_122158

あけましておめでとうございます。

昨年は皆さまに大変お世話になり、嬉しい一年を過ごさせていただきました。
改めまして感謝申し上げます。

元旦は、いつも流儀揃いの留袖を着て、師匠へのご挨拶から始まります。
皆でお屠蘇をいただいたあと、ご宗家宅に。

IMG_20160101_124009

和やかな中にも、気持ちが引き締まる時間です。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015 ありがとうございました

IMG_20151231_161235

大晦日は、髪結いさんに行ったり、神社で御札をお受けしたり、いつもながらばたばたと過ごします。

今年も本当にたくさんのご縁をいただきました。
1月からの東急セミナーBE二子玉川校「きれいになる地唄舞」、5月から膈月でスタートした「山村若静紀が聞く~おうぎの会」、11月からは「練心庵上方舞教室」。
5月9日「新進と花形による舞踊・邦楽鑑賞会」、8月30日「山村若佐紀 夏の会」、10月25日「静月会」。
スタジオアレコレ、天神寄席、相愛大学、凱風館、あべのハルカスでの講座やトーク。
東京と大阪での社中お浚い会「はるの会」と「浴衣会」。
また、本名・堀口初音にて『魔法の「15分着つけ」』(プレジデント社)の監修。

未熟の身ながら、どれも精一杯の全力投球でつとめさせていただきました。
応援してくださった皆さま、ご縁を結んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。

また来年も、ますます前進できるよう、精進に励みます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

皆さまも、どうぞ良いお年をお迎えくださいますよう。
ありがとうございました。

お知らせ

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。

2013.10.01

大阪稽古場を移転しました。

2012.11.25

ホームページをオープンいたしました。