カテゴリー 「日記」 に投稿されたブログ記事一覧

時代劇

大河ドラマなどの時代劇を観ると、役者さんの着物での所作が、どうしても気になってしまいます。

重心の低い、いわゆる「腰が入る」という立ち居振る舞いができる方と、洋服での動きと同じ方と…。

昔の映画や、テレビ時代劇の再放送では、俳優さんの見事な殺陣や、女優さんの袂扱いに裾さばき、惚れ惚れしてしまいます。

お芝居をされる方は本当に勘がいいので、お忙しくても少し日本舞踊をお稽古されておくと、ずいぶん姿勢や所作が違うだろうになぁ、と残念に思いながら観ています。

9月

9月に入ると、毎年必ず「単衣を着るべきですか?」とのご質問をいただきます。

この暑さですから、薄物か浴衣で大丈夫とお答えしています。

20180902140959_p

私も今日は浴衣を着ました。
さすがに白地は気がひけるので、しばらく濃色で過ごします。

お香

大阪の稽古場では、長く松栄堂さんの「堀川」というお香を焚いていましたが、東京では少し香りが甘すぎる気がして、それより軽いタイプの「白川」を使っています。

大阪にいるとやっぱり「堀川」がいいな、と思うので、香りの好みが変わったわけでもなさそうです。

東京と大阪を行き来するお仕事の方にこの話をすると、煙草も東西で味が変わる気がするそう。

湿度に関係があるのかな?
不思議です。

20180829101030_p

日帰り大阪

日帰り大阪、師匠の稽古場へ。

20180826235019_p

先日の舞台のDVDが届いていました。
これから、ひとり反省会です。

つけあげ

鹿児島出身のお弟子さんから送っていただいた、「つけあげ」。

20180822203445_p

甘じょっぱくて、ふだん目にする「さつまあげ」とはずいぶん違います。
魚のすり身にお芋やごぼうが入っていたりして、くせになる味。感謝です。

お知らせ

2018.06.18

東京・人形町のスタジオアレコレさんにて、グループ稽古「はじめての地唄舞」がスタートいたします。

2018.04.24

個人稽古が東京・神楽坂と大阪・九条、グループ稽古が東京・二子玉川と豊中・曽根にて開講中です。

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。