カテゴリー 「日記」 に投稿されたブログ記事一覧

取材

着物雑誌の編集長さん、編集者さん、ライターさんが稽古場にお越しになり、3時間みっちり取材していただきました。

終わったあと夫とお蕎麦を食べて、久しぶりにカラオケへ。

神楽坂ではちょうどお神輿に行き当たりました。
東京のお祭は、合いの手がイキですね。

20180909174005_p

BBQ

お招きいただいて、お弟子さん宅でBBQ。
おいしいお肉に笑いっぱなしの会話を堪能しました。

食後は線香花火。

20180908200237_p

それから夏の舞台のDVD上映会。
芸論なども飛び出します。

わいわいと楽しい時間を、ありがとうございました!

爪切り

あまり色んなものを持ち歩かないほうですが、いつも必ず鞄に入れているのが、この爪切り。

20180905203639_p

長さ4.5㎝、フェザー社製。
手が乾燥してささくれが出来やすいので、ささくれ専用に使っています。

時代劇

大河ドラマなどの時代劇を観ると、役者さんの着物での所作が、どうしても気になってしまいます。

重心の低い、いわゆる「腰が入る」という立ち居振る舞いができる方と、洋服での動きと同じ方と…。

昔の映画や、テレビ時代劇の再放送では、俳優さんの見事な殺陣や、女優さんの袂扱いに裾さばき、惚れ惚れしてしまいます。

お芝居をされる方は本当に勘がいいので、お忙しくても少し日本舞踊をお稽古されておくと、ずいぶん姿勢や所作が違うだろうになぁ、と残念に思いながら観ています。

9月

9月に入ると、毎年必ず「単衣を着るべきですか?」とのご質問をいただきます。

この暑さですから、薄物か浴衣で大丈夫とお答えしています。

20180902140959_p

私も今日は浴衣を着ました。
さすがに白地は気がひけるので、しばらく濃色で過ごします。

出演情報

2018.12.04 2018.12.15 チケット販売中

隆祥館書店トークイベント

ryushokan
2018.10.19 2018.12.08 イベント終了

第6回 静月会

20181027_朝日楼
一覧をみる →

お知らせ

2018.06.18

東京・人形町のスタジオアレコレさんにて、グループ稽古「はじめての地唄舞」がスタートいたします。

2018.04.24

個人稽古が東京・神楽坂と大阪・九条、グループ稽古が東京・二子玉川と豊中・曽根にて開講中です。

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。