よし梅「怪談~激情の泪が修羅を生む」

人形町の老舗料亭・よし梅「怪談~激情の泪が修羅を生む」にお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

よし梅さんでの公演は3回めなのですが、若女将の名プロデュースにより、毎回おかげさまで早くに完売し、キャンセル待ち。
有形文化財である素晴らしいお座敷と、あたたかいお客さまとのご縁を、本当に幸せに思っています。

今回は源氏物語から題材を得た『葵の上』を舞わせていただきました。
唄と三味線は、いつもお世話になっている、村澤丈児先生。
光源氏の愛人であった元東宮妃の六条御息所が、正妻の葵の上を生き霊となって責め苛み、儚くしてしまう内容です。

そして、前回もご一緒させていただいた、講談の神田山緑先生は『四谷怪談』を。
大人気の山緑先生、控え室で拝聴していても大迫力でした。

終演後はお客さまから嬉しいお言葉を頂戴し、ぜひ来年も、とのお声も。
また、よし梅さんの美味しい食事を堪能しながら、出演者や関係者の方々と実際に経験した怪談を披露しあったのも、楽しい時間でした。

ひとつ、こぼれ話を。
『葵の上』を舞わせていただくにあたり、六条御息所ゆかりの野宮神社へおまいりして、お祓いもお願いしたのですが、そのときお受けしたお守りが、公演当日には無くなっていました。
身代わりになっていただいたのか…、怪談の会ならではの現象でしょうか。

今年は11月に、もう一度『葵の上』を舞わせていただきます。
よし梅さんではお座敷で素の衣装、次回は能舞台でかづらをつけて本衣装にてつとめます。
ぜひこちらの『葵の上』も、ご覧いただけますようお願い申し上げます。

8月お稽古のお知らせ

【東京稽古場】
7日(水)、9日(金)、10日(土)、18日(日)、21日(水)、29日(木)
13:00~20:00

【大阪稽古場】
5日(月)、6日(火)、24日(土)、25日(日)
13:00~19:00

【東急セミナーBE二子玉川校】
8日(木)、22日(木)
19:30~20:30

【練心庵上方舞教室】
4日(日)
18:30~20:30

ご見学・体験レッスンは上記の日時で受け付けております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ベビーブーム

昨年から今年にかけて、若静紀社中はベビーブーム。
お弟子さんに子供さんやお孫さんが、どんどん産まれています。

先日も長くお越しのお弟子さんから、無事出産との写真入りメールが届きました。

かわいい女の子、目元がご本人そっくり。
なんだか私にとっても、孫ができたような気持ちです。

上方舞のお稽古では、肩や顎の力みをとるようお伝えしていたのですが、陣痛のとき、それらがとても役に立ったそうです。
身体をゆるめるのが上手と、看護師さんにほめられたとのこと。

産休明けは、赤ちゃんとご一緒にお稽古に来られる予定です。
稽古場のアイドルになりそうです。

舞トレ~練心庵上方舞教室

月に一回の大阪・曽根「練心庵」での上方舞教室が、今月からリニューアルされました!

題して「舞トレ」。 
上方舞のお稽古をすると様々な良いことがあるのですが、まず実感していただけるのは、そのトレーニング効果。

どうしても現代人は猫背になりやすいのですが、お稽古を続けるうちに、背筋がすっと伸びてきます。
正しい姿勢をとることで、肩こりが楽になったり、腰痛や膝の痛みが治まった方も。
首が伸び、肩の位置が下がるので、見た目の印象もかなり変わります。

また、腰を落とし「すり足」で身体をキープしますので、スクワットをしたときと同じような筋力をきたえることができます。
日本舞踊家として80代、90代でも現役で舞台に立っておられるお師匠さんがたくさん居られるのは、日本人に無理のない、とても適した身体技法なのだと思います。

「舞トレ」では、正しく美しい姿勢(西洋的な反り身の姿勢とは違います)がマスターできるよう、実際に地唄の短い曲を舞いながら、お稽古してまいります。

お辞儀のしかた、扇の扱いかたなどからスタートしますので、初めての方でも大丈夫です。
単発のご受講OK、浴衣・着物が着られない方はお手伝いしますので、どうぞお気軽にご体験ください。

「舞トレ~練心庵上方舞教室」https://renshinan-sone.jimdo.com/

東京理科大学「特別教養講義2」

東京理科大学「特別教養講義2」に、お招きいただきました。

オムニバス形式で、日本の伝統文化にたずさわる方々の講義を全15回行われたそうで、私はその最終回。
ほとんどの方がご宗家や、ご当主嫡男でいらして、そうそうたる先生方と同じ講義を受け持たせていただいたこと、大変光栄に思いました。

テーマは「日本舞踊について」。
担当の渡辺正名誉教授からは「90分をどうぞお好きに使ってください」とおっしゃっていただきましたので、まずは60分ほど日本舞踊についてのお話。
舞楽や神楽、白拍子、また念仏踊りなどを含めた日本の舞踊の歴史、それから一般的な意味での日本舞踊の、舞と踊りの違いなど、動画をご覧いただきながらご紹介しました。
そのあと、教室に毛せんを敷いて、地唄舞『黒髪』の実演。
最後に質疑応答。

男子学生さんが多かったので、日本舞踊に興味をお持ちいただけるのか心配でしたが、実演をずいぶん集中して見ていただき、ほっとしました。

なかなかうまく話せませんが、伝統芸能や日本舞踊について知っていただける機会が増えること、本当に嬉しいです。
お声掛けくださった、小笠原流次期ご宗家の小笠原清基先生に、改めて感謝申し上げます。

出演情報

2019.07.31 2019.11.06 チケット販売中

第1回 山村若静紀 舞の会

mainokai1001
2019.07.27 2019.08.31 入場無料

山村若佐紀 上方舞 夏の会

nastunokai2019001
一覧をみる →

お知らせ

2018.04.24

個人稽古が東京・神楽坂と大阪・九条、グループ稽古が東京・二子玉川と豊中・曽根にて開講中です。

2013.11.06

自由が丘、芦屋でグループレッスン新規開設。

2013.10.01

大阪稽古場を移転しました。